「赤ちゃんに元気に生まれてきて欲しい」

これは全てのママ・パパの望みだと思います。

そのためには赤ちゃんをお腹の中で育てていく
ママさん自身の栄養状態がとっても重要。

妊娠前後には特に注意して摂らないと、
赤ちゃんの健康に影響してしまう栄養素も色々とありますが、

その中でも特に必要と言われてるのが「葉酸」です。

妊娠前後の女性に必要な栄養はその他にも、
ビタミンやミネラルなど多くありますが、

葉酸は厚生労働省も推奨している栄養素の1つとされています↓

でも、通常の食事から
厚生労働省が推奨する量の栄養素を摂取するには、
大量の野菜を毎日食べないといけないので
現実的には難しいんですよね💦

そこで今、ママさんたちから
人気を集めているのが「葉酸サプリ」です。

ちなみに私がこの「葉酸サプリ」のことを知ったのは、
先輩ママさんとしても尊敬してる土屋アンナちゃんがきっかけでした↓

葉酸サプリも色々あるみたいなんですけど、
あれこれ調べるのって面倒じゃないですか💦

だから私はアンナちゃんがオススメしてた
ニキビができると、つぶした方が早く治ると思っている人も中にはいると思います。

確かにいつまでも芯が残っているようなニキビの場合にはなかなか炎症が治まらずに早めに芯や膿を出してしまわなければいけないということはあると思います。

しかしニキビを自分でつぶすという場合にはかなり細心の注意を図らなければいけません。爪でニキビを潰してしまうと、皮膚を傷つけることになります。

ニキビをつぶして、毛穴の中にあるニキビの芯、コメドを出すと早くニキビが治ると思われがちですが、コメドというのは毛穴の中に詰まっているただの皮脂の塊です。

この皮脂の塊がアクネ菌のご飯になってアクネ菌がどんどん増えていくことになるわけです。確かに早くこのご飯をとりだしておけば、ニキビがこれ以上増えることはないでしょう。

しかしニキビを潰すということは実は肌への負担は大きいということを知っていたでしょうか?安易な気持ちでニキビをつぶせば毛穴が傷つきますし、毛穴が破壊されてしまうと、皮膚に跡が残るということもあるのです。

毛孔が傷ついてその部分からまたバイ菌が入ってしまうとさらにニキビが悪化するということもあり得ますから本当に注意しなければいけません。

爪で潰すというのは肌への影響も悪いので、その際に使われるのが、面ぼう圧子というものを使って行います。

ドラッグストアなどでも販売されていますから、こちらを使って芯を出して、そのうえで消毒と出しああとのケアが必要です。

を何の迷いもなく購入です笑

好きな人と同じものを使ってるだけで、
何だか一緒の空間にいるって思えちゃいますもんね💕

そんなわけで早速買ってみたんですが、
パッケージはこんな感じです↓

ステロイドは副腎皮質ホルモンのことですが、ひとの体の中でもともとはつくられているホルモンなのですが、腎臓の上の副腎でつくられているホルモンです。

このステロイドの大きな特徴は、体の中で何らかの炎症が起きているという場合には、その炎症を軽減させる作用があるといわれています。

ステロイド剤を使うことでニキビによる炎症を抑えることが可能なのです。

しかし、ニキビ治療にステロイドを使うことを少しためらっているという人も中にはいると思います。

ステロイド剤は副作用が強いといわれているからです。

ステロイドは色々と副作用があるといわれているのですが、その副作用はよほど過剰に塗らない限りは大丈夫とされていますから、ニキビ治療に一時的に塗った位なら大丈夫ではないでしょうか。

ストロイドを使うことでニキビの炎症を抑えることが可能なのですが他の外用薬で治したいと思っている人も多いと思います。

しかし即効性がありすぐにニキビの炎症を抑えたいと思っているのであれば、やはりステロイドを使うことが一番です。

ステロイドは強いというイメージがある人もいますが、ニキビの症状に合わせて処方されますから症状が軽い人の場合にはそれほど強いステロイドは処方されませんので、安心していいと思います。

医師の指示に従って使う期間などを守れば、ニキビ治療がスムーズに進むはずです。

ストレスとニキビはかなり密接に関連しているといわれているのですが、ニキビの直接の原因になっているのはストレスではありません。

ストレスは間接的な原因といってもいいと思います。ではニキビの原因に直接関連しているものというのは何かというと、皮脂過剰が原因です。この皮脂過剰はストレスにかなり影響があるとも言われているのです。

人というのは精神的にストレスが過剰になった場合には、体の中でストレスホルモンが発生します。

ストレスホルモンが分泌されるとビタミンB2の働きを抑えてしまうのです。ビタミンB2というのは聞いたことがあるという人も多いと思いますが、肌の皮脂の量を調整しているとても大切な成分の一つです。

肌の皮脂の量を調整しているこのビタミンB2が不足してしまうということは、それは、皮脂の分泌のコントロールがきかないことになりますから、そのために皮脂の分泌が増えてしまうのです。

ストレスによってビタミンB2が抑制されるということでニキビが出来やすい原因につながります。ですからストレスは直接的には原因になっていないといっても、結局はストレスが原因で皮脂の分泌が過剰になるということになります。

現代はストレス社会といわれているのですが、ストレスをいかに解消してためないようにして毎日を過ごすかどうかということが、ニキビを作るかつくらないかにかかわってきますから、できるだけストレスはためないようにした方がいいでしょう。